ユーザ名: パスワード:

お知らせ

カテゴリ:はたらき甲斐netからのお知らせ|掲載日時: 2017年08月10日

 山梨県(障害福祉課)と山梨県高次脳機能障害者支援センターでは、本年度も恒例の講演会を下記のとおり開催いたします。

今回のテーマは、「高次脳機能障害 社会的行動障害について」。
欲求が抑えられない「脱抑制」、「感情コントロールの低下」、自らの障害に気づかない「病識欠如」、「意欲発動性の低下」などです。これらは日常生活や社会生活に行動の障害として表れてきます。
また、対応方法が分からず、家族や支援者、介護者等に戸惑いや不安を与えていることもあります。

講師は、埼玉県高次脳機能障害者支援センター所長(精神科医・リハビリテーション専門医)、東京福祉大学社会福祉学部教授の先崎章先生をお招きし、高次脳機能障害者支援の豊富な臨床経験からお話しいただきます。
多くの方のご参加をお待ちしています。

  • 日 時:平成29年10月4日(水)18:30より20:30
    受付開始 18:00より 講演に先立ち山梨県高次脳機能障害を支える会「甲斐路」より会の紹介を行います。
  • 会 場:ホテル春日居(山梨県笛吹市春日居町小松855)
  • 参加費:無料
  • 対象者:高次脳機能障害に関心をお持ちの方、当事者やそのご家族、支援者(行政・医療・福祉・職業その端関係団体等)どなたでも。

お申し込みはE-mail又はFAXで事前申し込みをお願いします。
講演会チラシ及び申込書はこちらをクリックしてください。PDFで表示されます。
E-mail:koshu.hbd@krg.ne.jp
1参加者のお名前、2住所(支援者の方は所属)、3参加人数、4代表者氏名(連絡窓口)、5連絡先(電話番号等)、6講演に際してのご質問やご要望等を記入しお申し込みください。


お申し込み・お問合せ
甲州リハビリテーション病院
山梨県高次脳機能障害者支援センター
(担当:岩間・北原)

山梨県笛吹市石和町四日市場2031
TEL:055-262-3121
FAX:055262-3727


カテゴリ:はたらき甲斐netからのお知らせ|掲載日時: 2016年10月20日

名    称:JCーNETジョブコーチ実践フォーラムinやまなし
日    時:平成28年12月3日(土)12:30から16:50
場    所:山梨県立大学飯田キャンパス
参加料:1,000円
対象者:障がいのある方の雇用に関係する支援者、企業担当者、関係者など
目  的:障がいがあっても当たり前に働き続けられる社会の実現に向け、障がい者雇用支援及び障がい者の就労支援に関わる人材を育成すること、また地域における就労支援ネットワークを構築すること
申込み:ご案内やお申込みについては、チラシ(PDFファイルが開きます)をご覧いただき、申込用紙(PDFファイルが開きます)からお申込み下さい。
締    切:平成28年11月30日(水)
多くの方のご参加、お待ちしております。


カテゴリ:はたらき甲斐netからのお知らせ|掲載日時: 2016年07月21日

すみよし障がい者就業・生活支援センターです。
平成20年より月1回開催しているIPS勉強会7月のお知らせです。

今年度になりまして、IPS勉強会では『高次脳機能障害』について、IPS理念はそのままに学びを共有しております。
参考図書は、『高次脳機能障害  症状・原因・評価・リハビリテーションと支援の方法 』をみんなで読み進めています。

精神障がいの一部でもある「高次脳機能障害」の理解を通して、広く精神障がいをお持ちの方への支援について学びなおすことのできるひと時をご一緒いたしましょう。
 
毎回、様々な所属の方が集まっています。
これから就労支援を学ぼうとお考えの方もお気軽にご参加下さい。
リカバリーやストレングスモデルに興味のある支援のお仕事をお持ちの皆さまお誘い合わせのうえ、ご参加をお待ちしています。
 
なお、IPS勉強会から飛び出した”ThaIPS:タイピーエス”(勉強会後のタイ料理屋での懇親会)も大好評です。
 
 
                 IPS援助付き雇用勉強会2016年7月

日時: 2016年7月26日(火) 18:30開始
※今シーズンからIPS勉強会は火曜日になりました!
場所: 住吉病院 本館3F会議室
アクセス→http://www.sumiyoshi-kaisei.jp/s-toiawase.html
内容: 「リハビリスタッフ・支援者のための<やさしくわかる>
高次脳機能障害」
Chapter3.失語症
抄読者による発表と情報交換

ご参加を希望される方は、当センターまでご連絡ください。055-221-2133


カテゴリ:はたらき甲斐netからのお知らせ|掲載日時: 2016年03月23日

山梨県障害福祉課 福本です。障害者優先調達推進法の取り組みの一環として、
障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針を策定しております。

本県では、県とすべての市町村、地方独立行政法人において、調達方針が策定されておりますが、
次年度に向け、平成28年度版の方針を策定しましたので、お知らせします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(平成24年法律第50号。以下「法」という。)第9条第1項の規定に基づき、障害者就労施設等(以下「施設等」という。)からの物品及び役務(以下「物品等」という。)の調達の推進を図るための方針(以下「調達方針」という。)を定めます。

また、毎年度、障害者就労施設等からの物品等の調達方針を作成するとともに、当該年度の終了後に調達実績を取りまとめ公表することとします。

このことから、山梨県では平成28年度の調達方針を下記のとおり定めましたのでお知らせいたします。

平成28年度山梨県における障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針

なお、これまでの取り組みについては、山梨県ホームページにてご紹介しております。
ぜひ、ご覧いただくとともに、障害者就労施設等からの物品及び役務の購入について、御理解と御協力をお願いします。

障害者優先調達法の取り組みについて


カテゴリ:はたらき甲斐netからのお知らせ|掲載日時: 2016年02月15日

第11回 JC-NET会議のお知らせ

とき:平成28年3月12日(土)から13日(日)

場所:大妻女子大学多摩キャンパス

主催:NPO法人ジョブコーチ・ネットワーク

内容:今年は「アセスメント」をテーマに、全国の実践者たちが情報交換できる各種イベントが企画されております

お申し込み締め切り:平成28年2月24日(水)

プログラムやお申し込みは、こちらをご覧下さい。
http://www.jc-net2016.com/


(1) 2 3 4 ... 7 »