ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

H29.3.10(金)-12(日)JC-NET会議のご案内

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 県版障害者ジョブコーチから | 2017年01月15日 n-moriya

森屋です。

今年もよろしくお願い申し上げます。

今年最初の記事は、平成29年3月10日(金)、11日()、12日()に大妻女子大学千代田キャンパスにて開催されるNPO法人ジョブコーチ・ネットワーク第12回JC-NET会議のご案内です。

特設サイトがございますので、プログラムの確認やお申込みはこちらをご覧ください。
http://www.jc-net2017.com/

毎年、多摩キャンパスにて開催しておりましたが、今回は千代田キャンパスの新校舎にて開催されます。千代田キャンパスには打合せでお邪魔することがありますが、東京の中央部に位置し、交通アクセスは良いところです。

毎年土曜日と日曜日に開催しておりましたが、前日の10日(金)の夜にナイトセッションが企画されています(18:00-19:45)。厚生労働省の障害者雇用対策課・地域就労支援室長がお見えになられます。障害者雇用施策の動向を伺いながら、現場の状況について意見交換できる貴重な機会です。

いつも全国の皆さまとお会いできるのを楽しみに参加しておりますが、地元の知っている顔を会場で見かけることもそれ以上に楽しみなことです。


昨年のシンポジウムの様子です。


昨年のポスターセッションの様子です。

私もいち早くホテルの予約をお願いしました。
山梨からは日帰りでも参加できると思いますので、ご関心のある方にはスケジュールを組んで頂けると幸いです。

育精地域療育講演会のご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 県版障害者ジョブコーチから | 2016年12月20日 n-moriya

森屋です。

平成28年11月5日(土)10:30から12:00、山梨県立育精福祉センター会議室にて開催された平成28年度山梨県障害児(者)地域療育等支援事業 第4回育精地域療育講演会について、ご報告いたします。

山梨県立育精福祉センターでは、地域療育等支援事業の一環として育精地域療育を実施しており、障がいのある方の雇用に関する正しい理解を深めるため、県内企業の方々の講演と意見交換を通し、実際の雇用環境について学ぶ機会として、今回の講演会を企画されました。
2年前にも同じ目的で依頼があり、地域で障がいのある方を雇用されている2箇所の事業所に発表していただきました。そのことが好評だったようで、再度企画してくださいました。

今回は、株式会社 甲府キンダイサービス 渡部浩二様と社会福祉法人 和告福祉会 養護老人ホーム 和告寮 丸茂康生様に発表をお願いしました。
お二方には、お忙しい中、打合せから発表まで、大変お世話になりました。

参加者は、保護者や教育・福祉の関係職員、これから就職を考えておられる方々などでした。
皆さま、お集まりくださり、ありがとうございました。

講演は「障がい者雇用について、障がい者を雇用している方々の実体験から」という演題でお話しいただきました。
甲府キンダイサービス様の会社全体の雰囲気作りや和告寮様の特性を把握し得意なことを伸ばすかかわり方は、大変参考になったのではないかと思います。
2社の環境作りとかかわりかたは、従業員としての自立や成長にとても必要な要素だと思います。



発表の時間が少し長くなってしまい、全体での質疑応答がなくなってしまいました。
私の進行の不手際をお詫びいたします。
その後、個別の意見交換をさせていただき、皆さま熱心に名刺交換されていました。

企画してくださった山梨県立育精福祉センターの皆さま、お疲れさまでした。
年々障がいのある方が働くことが身近に感じるようになってきておりますが、丁寧な環境作りとかかわりが大切です。
発表された2社のような取組みがどこの働く場でも当たり前のことになっていくよう、これからも活動していきたいと思います。

東京に行ってきました

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 県版障害者ジョブコーチから | 2016年12月19日 n-moriya

森屋です。

3ヶ月に1回ほど、就労支援の人材育成の在り方について、東京や大阪で半日ほど話し合いをしております。

障がいのある方の企業就労は確実に進んでおり、課題も多岐に渡ってきています。
その中であっても、就労支援をするものにとって大切なことを伝え、実践していただけるように考えております。

情報交換の中で全国の状況を伺っていると、気づかされることも多くあります。
山梨県は人口や企業数が少ない点があるのですが、顔の見える関係が築きやすく、よいかかわりを持つことができれば、相手の立場になることができ、共に考えることができる地域であると感じます。
協議会や研修、日々の実践で少しずつ積み重ねていくことができれば、さらに障がいがあっても働き甲斐のある地域に近づけるのではないかと思っています。

また、皆さまとのかかわりの中で気づいていきたいと思います。

振り返りその13 JC-NETジョブコーチ実践フォーラムinやまなし

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 県担当者から | 2016年12月18日 n-moriya

森屋です。

このコラムで、やまなしフォーラムの振り返りを当日の流れに沿ってコラムさせていただきました。
それとは別に毎年、まとめのパワーポイントを作成し、統括トレーナーである若尾様にお願いし、NPO法人ジョブコーチ・ネットワークのウェブにアップしております。
NPO法人ジョブコーチ・ネットワークの会員様しか添付データの内容は、見られないのですが、報告させていただきます。

http://www.jc-net.jp/outCts.tsv?no=7729#144950

 

振り返りその12 JC-NETジョブコーチ実践フォーラムinやまなし

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 県版障害者ジョブコーチから | 2016年12月17日 n-moriya

森屋です。

JC-NETジョブコーチ実践フォーラムinやまなしの振り返りをしております。

今回は、懇親会を振り返ります。

全国の地方セミナーに参加し、いくつか懇親会にもお邪魔しましたが、どの地域も人柄や地域性を感じられる貴重な体験でした。
これまでのセミナーでも懇親会を企画しており、お互いに労い合う機会を大切にしております。

フォーラム終了後、YBS会館2階フォーハーツカフェで行いました。実行委員が交渉し、貸切させていただきました。地元の食材を使った飲み物と料理を用意してくださっていました。フォーハーツカフェ様、ありがとうございました。

他の予定で日中参加できなかった実行委員も合流し、30名弱の参加となりました。

乾杯のご挨拶は、キリン福祉財団の太田事務局長にご発声いただきました。



皆さまこれまでの研修のお話や情報交換、料理や飲み物、フォーハーツカフェスタッフとのお話を楽しんでおられました。



私も開放感があり、ゆっくりしてしまいましたので、全ての皆さまとお話しすることができませんでした。写真を見ながら反省しているところです。
懇親会に参加された皆さま、ありがとうございました。

やまなしフォーラム当日の振り返りは、これで終わりになります。
参加された皆さまに記入していただいたアンケートの集計をしておりますので、まとまりましたらポイントを絞って総括という形で報告する予定です。

 

最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり