ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

中央市・昭和町の当事者交流会に参加しました

執筆 : 藤原 真由美(すみよしナカポツ)|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2016年03月07日 fujihara-mayumi

すみよし障がい者就業・生活支援センターです。
平成28年3月5日土曜日の午後2時より中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」で行われた当事者交流会に、
当センターからスタッフが1名参加させて頂きました。

様々な障害種別の方、難病の方も含めて11名の参加があり、今回はテーマが『就労』とのことで、アドバイザーとして参加させていただきました。
『就労』をテーマにした回は今年度2回目で、第1回にもお呼び頂き、当センターの参加も2回目です。
 


飲み物やお菓子も出されて、リラックスしたムードです

働いている人、これから働きたい人、まだ働くことを迷っている人…色々な立場の方が集まっていました。
皆さんの『今日、話したいこと・聞いてみたいこと』として、『仕事内容は?』『一番長く続いた仕事はなんですか?』『どうしたら楽しく働けますか?』『障がい者になって、どんな悩みがありますか?』『仕事に対する不安と対処法は?』『パートですか?正社員ですか?』といったことが挙がりました。
会の終了後には、希望者の方には当センターによる個別就労相談も行いました。

2時から4時までの会でしたが、とても和気あいあいで『こんな集まりを求めていました』『また来たい』との感想が多く聞かれました。
中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」では、中央市・昭和町にお住いの障がいにかかる手帳や診断のある方、難病認定されている方を対象に、28年度も当事者会を活発に開催されるそうです。楽しみですね。

話題の中には「支援者に間に入ってもらって良かった」という言葉も聞かせて頂くことができ、私もはたらき甲斐を感じて元気を頂きました。
就労をテーマとした回には、また当センターも参加させて頂きたいと思います。

中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」の当事者交流会「れんげ会」の平成28年度の予定表をいただいてきましたので、こちらにPDFで添付させて頂きます。興味のある方は、是非、ご覧ください。⇒こちらをクリック
 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。
 

山梨県版ジョブコーチ 甲府エリアミーティング 2月の様子

執筆 : 藤原 真由美(すみよしナカポツ)|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2016年02月19日 fujihara-mayumi

すみよし障がい者就業・生活支援センターです。
2月19日午前9時半より、山梨県版ジョブコーチ甲府エリアミーティングをすみよし生活支援センター2階で開催しました。
今回は、支援の相談があった5件についての打ち合わせを行いました。

 


そのうち1件は、求人応募の段階から県版ジョブコーチに関わっていただいている方からの依頼です。
長く安定して働き続けて行くためには、日々の環境変化に少しずつ沿って行くことが大切です。
県版ジョブコーチが職場訪問し、お手伝いさせて頂きます。

支援の打ち合わせ以外には、地域の障がい者就労に関する情報を交換しました。

次回の山梨県版ジョブコーチ 甲府エリアミーティングは、3月17日(水)9時30分より、すみよし生活支援センター2階で開催致します。

 


山梨県版ジョブコーチを活用しませんか


山梨県版のジョブコーチ(以下;県JC)派遣事業が展開され、甲府エリア(甲府市、甲斐市、中央市、昭和町)については当センターがコーディネート役の一端を担っています。
平成22年2月より、県JCが集まり毎月1回、山梨県版ジョブコーチ甲府エリアミーティングを開催しています。
専門的なジョブコーチが必要な場合は、山梨障害者職業センターの訪問型ジョブコーチの活用をお勧めします。
県JCは、就労に対して「もう少し手助けが欲しい」時に活用していただけるとよいと思います。

◆    県JCは以下の支援を行います

  •    職業相談のための公共職業安定所等への同行支援
  •    どこにも通所しておられない方の職業実習等における支援
  •    通勤の支援
  •    事業所への定期訪問等による職場定着への支援
  •    その他、安定した職業生活を送るために必要な支援


◆    活用の仕方

  •    活用できそうな事例がありましたら、すみよし障がい者就業・生活支援センターにご連絡下さい
  •     エリアミーティングにて、担当の県JCを決めます
  •     ご本人、事業主と打ち合わせし、ご本人の利用申し込みを行います
  •     おおむね16日間(支援が4時間以内なら32日間)活用できます


◆    以下のような支援の事例に適しています

  •    1週間に1回数時間、公共職業安定所へ現地集合し求職同行支援
  •     月に2回数時間程度、職場訪問 (土曜日も対応)
  •     就職してから、どの支援が入っていない事例

◆    障がい者の就労が成功するようこころがけています

  •    ご本人、事業主の費用負担はありません
  •     少しでもご本人、事業主からのクレームがあった時は支援を終了します
  •     障がい者の就労が成功するようこころがけます

 ご相談はすみよし障がい者就業・生活支援センターまでお電話下さい。(055―221―2133)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

平成28年2月IPS勉強会についてお知らせ

執筆 : 藤原 真由美(すみよしナカポツ)|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2016年02月15日 fujihara-mayumi

すみよし障がい者就業・生活支援センターより、2月のIPS勉強会のお知らせです。

直前になり延期させていただきました1月のIPS勉強会を2月24日に開催いたします。

1月に参加を諦めた方、チャンスです!どうぞ、ご参加下さい。

甲州リハビリテーション病院 院長の市瀬祐一先生にお越しいただき、高次脳機能障がいについてお話を頂きます。

これから就労支援を学ぼうとお考えの方もお気軽にご参加下さい。所属先にこだわらず、リカバリーやストレングスモデルに興味のある支援のお仕事をお持ちの皆さまお誘い合わせのうえ、ご参加をお待ちしています。

 場所、時間等若干変更になる場合等ございます。参加をご希望の方はすみよし障がい者就業・生活支援センター (055‐221‐2133)までお申し込みをお願いいたします。

 

≪IPS援助付き雇用勉強会2016年2月≫

    日時:2月24日(水) 18:30から20:00 毎月第4水曜日開催
    場所:住吉病院
    内容:高次脳機能障害について甲州リハビリテーション病院 院長 市瀬先生より御講義


 ご参加をお待ちしております。

働いている人のグループ 2月の様子

執筆 : 藤原 真由美(すみよしナカポツ)|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2016年02月15日 fujihara-mayumi

すみよし障がい者就業・生活支援センターです。
働いている人のグループ 2月の様子をお伝えいたします。

今日のテーマは「自分に合った適度な運動」です。
初参加者もいたため10:00から10:30まで自己紹介をしました。
項目は『名前』・『仕事内容』・『最近出かけたところ』・『質問したいこと話したいこと、の4つ。
“話したいこと”が皆さん沢山あるようで、テーマの運動に入る前にすでに話がヒートアップしました。


ホワイトボード
 

スタッフの車に乗って移動。
話の場を小瀬スポーツ公園に移しました。
遅れて来ても大丈夫。お留守番係がご案内しました。(後からでも、来てくれてありがとうございました!)

2/13の予報は雨でしたが、ぽかぽかいい天気。
まずはみんなでウォーキング。話し足りなかった分、こちらでも個々に話は盛り上がりました。
「どうやってストレス発散していますか?」「どうやったら自分が疲れていると意識できますか?」など、歩きながら話すのもなかなか良いものでした。


歩きながら話すと、初めて同士でも不思議と話が盛り上がって・・・


 
若者・・・シュートしている姿がかっこいいね!



ぽかぽか日向でおしゃべり。すぐに打ち解けられました。

感想
Aさん「今日は本当に気持ちよくて最高でした!」Bさん「自分が受け入れてもらえたようで嬉しかった。」
身体を動かす事って、こころの健康にも大切ですね!体も動かせ話もできて一石二鳥でした。

働いている人のグループでは、毎月第2土曜日にこのようにして集まっています。
『発言しないけど参加してみたい』『ちょっと離れて見学してみたい』そんな方も大歓迎です。
次回は
日時:平成28年3月12日(土) 10時から12時
場所:すみよし生活支援センター2階

で開催します。

興味のある方は、すみよし障がい者就業・生活支援センターまでお電話下さい。055―221―2133

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 


 

働いている人のグループ 1月の様子

執筆 : 藤原 真由美(すみよしナカポツ)|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2016年01月09日 fujihara-mayumi

皆様こんにちは。すみよし障がい者就業・生活支援センターです。
1月の働いている人のグループでは、毎年恒例の書初めをしました。

 
書初めをしたり、みんなでスタッフ手作りの甘酒をいただいてお正月気分


書初めの後には今年の目標や、やりたいことをそれぞれ話しました。
ほとんどの方が目標ややりたいことに運動や食生活に関することを話されました。
『運動をして筋肉がつくと仕事が楽にできると思う』
『運動をして体力がついたら仕事の後に、軽く“仕事してきたよっ”て余裕ができそう』

運動をして体力をつけ、充実して働ける1年にしたいですね。
運動以外には、「新しい業務に挑戦したい」「みんなで情報交換できる場所を作りたい」などの話題も出ました。


「3年」と書いたのは、お仕事3年目を頑張りたいからだそうです
 

座談会の後は、百人一首をしました。
 


「百人一首って小学校以来?」初めはみんなであたふたして大笑いでした


優勝は、スタッフのNさーん! やったねー!


次回は2月13日10時から12時、すみよし生活支援センター2階です。
テーマは『自分に合った適度な運動』です。いきなり、今年の目標にタイムリーなテーマですね。
もしかしたらウォーキングに出掛けるかもしれませんので、動きやすい服装と運動靴で来てください。

私たち働いている人のグループは、毎月第2土曜日10時から12時の間すみよし生活支援センター2階で、一般企業で障がいをもって働いている人が集まっています。遅れて来ても、途中で帰ってもいい気楽な会です。
見学や、発言しないけど参加したい人もOKです。
興味のある方は、まずはすみよし障がい者就業・生活支援センター藤原までお電話下さい(055―221―2133)。

最後までお読み頂きありがとうございました。
 

最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり