ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

すみよし障がい者就業・生活支援センター山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティング開催のお知らせ

執筆 : 藤原 真由美(すみよしナカポツ)|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2014年04月12日 fujihara-mayumi

山梨県版のジョブコーチ派遣事業が展開され、甲府エリア(甲府市、甲斐市、中央市、昭和町)については、当すみよし障がい者就業・生活支援センターと県版ジョブコーチが連動した就労支援の形が形成されてきております。

「山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティング」として、平成22218日(木)を初回とし、これまで計44回のミーティングを定期的に毎月第3木曜日19:00~20:00に開催してきました。
 「山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティング」は、より関係者への情報発信、情報共有の場として、平成264月より「すみよし障がい者就業・生活支援センター山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティング」としたいと思います。

なお、平成26年度第一回目のミーティングは下記の通りとなります。

「すみよし障がい者就業・生活支援センター山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティング」

日時:平成26年4月17日 19時から20時

場所:ハピアすみよし 1階 ホール

 内容は、従来のミーティングの内容にプラスして、情報発信・共有を加えます。参加対象者も、当センター、山梨県版障がい者ジョブコーチを中心に、就労支援関係機関や企業などの就労支援に関係した方の参加も許可したいと思います。

 

 

 

 

  1. 相互理解の場

    地域の就労資源であるお互いの活動を知る場として、活用する。当センターの活動と、各個人、各機関との活動をすり合わせていく場としたい。

  2. 現在の活用事例から就労支援を学ぶ場(県版ジョブコーチ派遣事例を通して)

    エリア内の活用事例、成功事例や課題の報告によって、よりよい支援方法について議論する。新規の事例に対しても検討する。イニシャルを用い、個別の方が特定できないように配慮する。

  3. 就労支援がよりよく運用されるためのシステム作り

    山梨県版障がい者ジョブコーチ等、就労支援がより活用しやすく効果的であるよう、課題を明確にし、解決に至るプロセスを共有、仕組みを作っていく。

  4. 情報発信・共有の場

 

最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり