ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

毎日新聞 2月17日人・かお・トーク

執筆 : 田崎輝美|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2010年02月18日 admin039

昨日の毎日新聞に次の記事が掲載されました。
なぜ障害者が就労したいのか、その思いがまさにここに詰まっていると思います。

ぜひ皆さんに読んでいただきたいと思います。
 

平成22年2月17日 毎日新聞 人・かお・トークより 

NPO法人バーチャル工房やまなし事務局長・渡辺和久さん /山梨
◇障害者が働ける活路見いだしたい 渡辺和久さん(50)
NPOを設立したきかっけを教えてください

 ◆私は30歳で事故に遭って車いす生活となりました。子供が2人いますが、働いて得た給料で物を買い与える普通の家庭の父でいたかった。しかし、働きたい願望はあっても、重い障害でかなわず、家にいることが申し訳なかった。

 20年近く働けずにいましたが、厚生労働省の「重度障害者在宅就労促進事業」を活用して05年11月に設立された「バーチャル工房やまなし」(現NPOの前身)で、パソコンの技術を学び、作った名刺などの対価として報酬をいただきました。

 その報酬でトンカツを買って家族6人で食べました。とにかくうまかった。いえ、味以上にうれしかった。約20年ぶりに普通の父親に戻れたのですから。

 そのうれしさを多くの障害者に味わってもらいたいとの思いでいっぱいでした。在宅就労促進事業は3年間の期限付きでしたが、継続的に働ける場所を作りたいと、同じような仲間と支援者の協力でNPOを設立しました。

 設立から半年がたちましたが現状は

 ◆高速インターネットの普及で在宅就労の可能性は大幅に広がりました。私たちはインターネット電話「スカイプ」で会議をし、技術や専門知識も日々向上しています。

 しかし、現在は福祉施設からの依頼が多く、一般企業からは「そこまでできるの?」と言われることが多い。まだまだ仕事が少ないのが現状です。

 障害者団体としてではなく、一般企業と同じ土俵に立っていることをもっと広く知ってもらいたい。

 今後の目標は

 ◆新しい働き手を受け入れられる体制作りです。一人でも多くのメンバーがより多くの仕事を受けられるよう、営業活動を強化するとともに、障害者を対象にした在宅就労のセミナーなどを開いて、障害者が働ける活路を見いだしたいです。【聞き手・沢田勇】

==============

 ■人物略歴

 ◇わたなべ・かずひさ
甲府市出身。建設会社に勤めていた30歳の時に転落事故で2年10カ月間入院し、胸から下がまひする障害を負った。重度の障害を持つ仲間13人と支援スタッフ3人で09年6月、重度障害者の就労を支援するNPO法人「バーチャル工房やまなし」を設立し、企業などから名刺やホームページの作成などを請け負っている。

元記事は、http://mainichi.jp/area/yamanashi/hito/news/20100217ddlk19070006000c.html です。
 

渡辺さんが20年間願い続けていたことは、ごくふつーうのあたりまえのことのはずです。
その「あたりまえの思い」をみんなで共有したいと強く思い、私もバーチャル工房メンバーとして、
「就労の機会の創出」と「新しい働き手の育成」に微力ながらお手伝いできればと思っています。
障害を持つ一人でも多くの方に渡辺さんの味わった「トンカツの味」を味わってもらいたい。
そんな思いで日々活動しております。
 

ファシリテーター講習会

執筆 : 田崎輝美|カテゴリ : 企業担当者から | 2009年12月20日 admin039

12月14日(月)夜7時から9時まで、就労支援の中核を担うナカポツセンター(障がい者就業・生活支援センター)の皆様に当社パソコン室にお集まりいただき、このサイトの利活用方法の講習会を行ないました。

このサイト上ではファシリテーターと称している方々ですが、お知らせやコラムでのさまざまな情報提供や、コミュニティー、会議室などでの話し合い、アドバイスなど就労支援の情報共有のための中心的存在となられる皆様です。
さすが、こんなコミュニティもあればいい、こんな使い方もできるといいなぁという貴重なご意見もどんどん飛び出しました。

問題は、現場に飛び回っている皆様、どれだけパソコンの前での作業ができるかというところかと思いますが、情報共有は携帯でもできます。書き込みはパソコンからのほうが作業が楽かと思いますが、新しい情報が入ったら、指定のメールアドレスに通知が来るように設定したり、RSS機能を利用して、新しい情報がいち早く受け取れるようにもできます。

また仕事が増えたと思わずに、障害者の就労支援のための情報発信、情報共有の道具として、このサイトを利活用していただければ幸いです。

帰り間際に、県担当者様から「夜遅くまですみませんでした」とご挨拶いただきましたが、この時間帯、IT企業ではまだまだこれからという時間帯、会議も行なわれていたりするので、全く問題ありませんよー。駐車場にもまだたくさん車が止まっていたと思います。(^^ゞ

ファシリテーターの皆様のコラムデビューをお待ちしております。<m(__)m>

次は、ジョブコーチの皆様に利活用講習会にてお会いできる日を楽しみにしております。

追記: 自分のアバター画像を変更してみました。
「アバター」とは、現在私のコラムに表示されている「ひまわりの画像」のことですが、これは、
「チャットやコミュニケーションサイトなどで、自分の分身として画面上に登場するキャラクター」のことです。
自分の好きなイラストや写真を自分を表す画像として表示することができます。
アバターを見ながらどんな方なのかを想像しながらコミュニケーションできることを楽しみにしています。
 

 

いよいよキックオフ

執筆 : 田崎輝美|カテゴリ : 企業担当者から | 2009年12月14日 admin039

11月26日の県版障害者ジョブコーチ派遣事業キックオフミーティングでは、皆様 お疲れ様でした。
第2部では、各エリアごとに支援事例が配布され、具体的に支援体制についての説明、担当案などが話し合われました。

正直なところ、私もキックオフミーティングということで参加の意思を表明し出席しましたが、ここまで具体的な話があるとは想像を超えるものでした。 (^^ゞ 県担当者様・ファシリテーターの皆様ごめんなさい。m(_ _)m
その中で感じたのは、配布された事例一覧を見て、これはほんの一部にしか過ぎないんだろうなぁと思いながら、支援を必要とされている方がたくさんいらっしゃるということ。また、事例が多岐にわたること。そして、それらをナカポツの就業支援担当の方々が日夜、数少ないマンパワーでがんばって支援されていること。
実際、朝5時からの支援やら、土日勤務の方の支援、就職希望の方の付き添いまで、ナカポツの現場を垣間見て、本当に頭の下がる思いでした。

何か私にお手伝いできることがあれば協力したいという思いは、湧きあがってきたものの……
突如渡された事例一覧に戸惑っていた県版ジョブコーチ登録者の方は、私だけではなかったことと思います。
果たして私にできるのかなぁ?という不安とどんな方なんだろう?というなかなか紙面の情報からだけでは読み取れない状況を抱え、視線が合わないようにちょっとうつむき加減な方もいらっしゃったことでしょう。私もそのひとりでした。(^^ゞ

実際、甲府エリアの話し合いでは、なかなか各事例の担当が決まらず、また1月にこのエリアだけ集まることになりました。
しかしながら、なかなか全員が一堂に会することは難しく、また集まっても本当に限られた時間の中でじっくり、ひとつひとつの事例を質疑応答を交えながら、情報を共有することは難しいですよね。

そこで、ぜひ皆さんにご提案したいのが、このサイト「はたらき甲斐ネット」の活用です。
後日配布されるIDとパスワードを使用してログインすると、このサイトの中はまるで先日の県大の会議室と化し、全体へのお知らせ、地域エリアごとのコミュニティー、障害種別のコミュニティーにおいて、さまざまな情報共有、話し合いができるようになっています。

先日の事例ごとのトピックをファシリテーターが紹介し、質疑応答をしたり、コメントをはさんだりしながら、支援担当者を決めていくことができます。また、ジョブコーチ登録されている方から、逆に「こんな支援なら私ができる」「この時間帯、この曜日なら支援が可能」という情報を提供することもできるわけです。
また、支援が始まってからもコミュニティーの中で支援活動を報告しあうことで、「これなら私にもできるかもしれない」とか「こうすればいいのか!」ということにも広がっていくこともあるはずです。

ぜひ、この「はたらき甲斐ネット」を日夜現場を飛び回って忙しい私たちのコミュニケーション手段にしていきましょう。
またこのサイトのいろいろな機能について紹介していきたいと思います。

 

障害者とITの架け橋

執筆 : 田崎輝美|カテゴリ : 企業担当者から | 2009年03月26日 admin039

はじめまして。株式会社カルクで情報教育とWebマーケティングの部門のグループ長をしております田崎と申します。 障害者の方とパソコンの勉強をするようになって、そろそろ10年近く経ちます。
はじめは「社会参加」という目的から始まったパソコンも今では「就労」という夢が実現する道具とまでなっています。

その昔e-Japan戦略という政府の取り組みから、国民へのIT講習会というものが各地で行われてきました。 その中で障害者パソコン教室が一般の講習会と同様に開催されましたが、「障害を持つ人にもパソコンを」という言葉を聞くたびに「障害者にも」じゃなくて、「障害者だからこそパソコンを!」なのだという熱い思いを持ち続け、今日まで至っているのが私の障害者とITの架け橋を続けてきた原動力です。

平成14年からは、障害者パソコンボランティアの養成・派遣事業にも関わらせていただき、私自身も「パソボラさん」として活動させていただいております。主に視覚障害者の方のサポートを多く行なってきました。現在も100名以上のパソボラさんと一緒に活動しております。

平成15年からは、障害者の職業訓練を県立就業支援センター様からの委託を受け、実施しております。身体・知的・精神の3分野の障害全てを受け入れる数少ない民間の情報教育機関として、障害を持つ方の就労を目指したパソコン技術の習得をサポートしております。身体障害の方については、視覚障害、聴覚障害の方も受け入れております。

また平成17年からは、自立支援事業の一環で始まりました「重度障害者在宅就労促進事業(通称:バーチャル工房事業)」の教育スタッフ並びにコーディネーターとして、重度の障害を持つ方でも在宅で就労できるためにWeb作成、DTPのプロフェッショナルを育成する就労支援事業にも関わらせていただいております。

毎日試行錯誤の連続ですが、障害当事者と一緒に いろいろな「気づき」を大切にしながら、幅広い視野で「パソコン」という道具をもっと楽しく、もっと便利に、もっと深く、使えるようにと取り組んでいます。

この就労ポータルサイトが、日夜現場でがんばっていらっしゃる支援者の皆様をつなぐ一つのツールとして活用され、更なる障害者の就労支援が充実していくことを願っています。私ももっともっと勉強させていただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり