ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

第2回IPS勉強会を開催しました。

執筆 : 森元 尚紀|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2014年06月11日

 4月からすみよし障がい者就業・生活支援センターに配属されました、森元です。

どうぞよろしくお願い致します。

今回はIPS勉強会、5月度の報告です。

いよいよワーキングライフの第一章と第二章の勉強です。今回の担当は住吉病院・中谷院長でした。

アメリカにおいて脱施設化以降のコンシューマー運動やPACT、ストレングスモデルなど地域での革新的アプローチが生まれていった時代のなかで、就労支援のデータを集めてやり方を磨きIPSが形成されていきました。IPSは援助付き雇用を標準化する試みであり、経験の中から重症精神障がいをもつ人の有効な就労支援の原則をまとめるものであること、等々、中谷先生にプレゼンテーションしていただきました。

意見交換では、IPSの就労支援の理念と実際の就労支援にギャップがありますか?との質問があり、就労支援の現場の声を熱く語ってもらい、参加者でその思いを共有しました。

最後に中谷先生からは、支援方法の型に押し込めるような支援にならないよう、その先をどうしていくかを考えていきたい、との話がありました。

IPSの勉強を通じて様々なお話を伺うことができて、これからの勉強会が楽しみです。


今回参加された15名の皆さん、お仕事が終わってから駆けつけてくださり、ありがとうございました。

 この勉強会は、「精神障害をもつ人たちのワーキングライフ―IPS:チームアプローチに基づく援助付き雇用ガイド」の読み合わせと、意見交換・疑問の共有解消を毎月おこなっていく予定です。

ワーキングライフの表紙 金剛出版
精神障害をもつ人たちのワーキングライフ―IPS:チームアプローチに基づく援助付き雇用ガイド
デボラ・R,ベッカー、ロバート・E、ドレイク著,大島巌ほか翻訳、金剛出版

 この勉強会は、毎月第4水曜日の18時30分より開催いたします。所属先に関わらず、リカバリーやストレングスモデルに興味のある、支援のお仕事をお持ちの方がご参加頂けます。

参加ご希望の方、お問い合わせは当センター(0552212133)又は住吉病院・作業療法室・渡辺までご連絡下さい。

  IPS勉強会 

·                  日時:毎月第4水曜日 18時30分より  次回は7月23日水曜日

·                  場所:住吉病院・本館3階・会議室

·                  内容:「第四章 援助付き雇用へのIPSアプローチ序説」

·                  アクセスhttp://www.sumiyoshi-kaisei.jp/s-koutu.html

  住吉病院・院長ブログにもIPS勉強会に関する情報が掲載されております。こちらも是非、ご覧ください。

最後までお読み下さった方、ありがとうございました。

最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり