ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

お知らせ・企業向け情報アップしました

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2011年06月24日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

 今回は、平成23年7月21日(木)13:30から15:30に雇用・能力開発センターで開催される「平成23年度事業主ワークショップのご案内」をお知らせ・企業向け情報にアップいたしました。
 
山梨障害者職業センターでは、事業主支援の一環として、事業主ワークショップを企画しておられます。この企画は、障がい者の雇用に関して共通の問題を抱えている企業同士が、グループワーク方式により意見交換を行うことを通して、雇用管理上の課題を発見したり、その解決へ向けた糸口を掴んでいただくことなどを目的としております。今回は、当センターも共催し、お手伝いをさせていただいております。
 
障がい者雇用率制度について、いつかお話しをしなくてはいけないと思いますが、医療分野においても障がい者雇用の促進が求められていております。今回は、医療分野において障がい者雇用を実践されている方の講話を聞き、意見交換会を行います。参加対象者として、医療分野における障がい者の雇用管理をされている事業所の方、これから医療分野において障がい者の雇用管理を検討される事業所の方となります。少人数で細かいお話しもしたいと思いますので、3社から5社(各1名から2名程度)の募集となり、先着順とさせていただこうと思います。
 
詳しくは、企業向け情報の欄をご覧ください。⇒こちら
 
大都市では、同職種の事業所の方が集まり、障がい者雇用について話し合う機会が多いと聞きます。山梨県は人口が少ないですが、お互いの顔が見え、連携しやすい県だと思います。このような機会を通して、それぞれの事業所様が安心して障がい者雇用に取り組み、山梨県の障がい者雇用が促進されるよう、これからも支援していきたいと思います。
 
 

平成23年6月22日(水)開催 第33回IPS勉強会のご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2011年06月23日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

今回は、当センターで定期的に開催しております「IPS勉強会」のご報告です。

 今回、平成23年6月22日(水)18:30から20:00、甲府市下飯田にある「ゆたか訪問看護ステーション」様にて第33回目IPS勉強会を開催いたしました。甲府では日中35度になる猛暑日でしたが、10名の参加がありました。今回の発表者は私でした。

  
勉強会の開始前、内藤さんネタその1、キツネ 
ネタその2、ハト
 
  
  『ワーキングライフ』第4章、援助つき雇用へのIPSアプローチについてのまとめ発表と、ナカポツセンターの実践や指針について話し合われました。また、クライアントの自己決定の考え方について、2名の医師を中心に議論がなされ、現場の支援者からは、介入のタイミングについて意見交換がされました。当センターもこのような議論を重ねながら、医療チームとも一体化した支援を構築し、展開していきたいと思いました。
自己実現について様々な意見が出ました
 
 障がい者があたりまえに社会で仕事をして、生活し自己実現できる社会の実現と、それを支援する私たちが研鑽できるように、また会を重ねていきたいと思います。
 
 ご参加いただいた皆さまありがとうございました。
 
 次回は、7月27日(水)18:00から20:00、場所は検討中ですので、決定し次第、このサイトの支援者向けのお知らせでご案内をいたします。『ワーキングライフ』第5章、IPSの研究です。発表者は、公益財団法人住吉偕成会リカバリーセンター「すみよし」すみよし作業センター工藤忠誠様です。
 
また勉強会の報告をしていきたいと思います。
 
 
 
 IPS勉強会についてのお問い合わせは、
 
   すみよし障がい者就業・生活支援センター  (055)-221-2133 森屋まで

平成23年6月18日(土) 特定非営利法人ジョブコーチ・ネットワーク平成23年度第1回総会に参加してきました

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2011年06月22日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

平成23年6月18日(土)大妻女子大学千代田キャンパスで行われた、特定非営利法人ジョブコーチ・ネットワーク平成23年度第1回総会にお声かけいただき参加してきました。

特定非営利活動法人ジョブコーチ・ネットワーク(以下;JC-NET)は、障がい者雇用ならびに社会参加促進に関する事業を行い、社会環境作りのための政策提言や必要に応じた協働事業、障がい者の就労支援関係者の人材育成に取り組み、社会福祉の増進ならびに雇用機会が拡充された社会の実現に寄与することを目的とする全国組織です。

山梨県においても、山梨県とJC-NETが協力し、平成21年度と22年度の2年間、「JC-NETジョブコーチセミナーやまなし」を開催いたしました。

これから山梨県では、大都市からの障がい者雇用事業の参入や障がい者雇用に取り組まれる事業所が増えてくると思います。

山梨県の就労支援関係者も全国的なネットワークとの繋がりを持ち、より良い支援方法などを学んでいかなくてはいけないな思います。

総会の写真がアップされているJC-NETのホームページも覗いてみて下さい。森屋が小さく写っていると思います。⇒JC-NETホームページはこちら

JC-NETの活動や近県の情報など、また紹介していきたいと思います。


 

平成23年6月16日(木)開催 山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティングのご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2011年06月17日 n-moriya

 すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

 今回は、当センターで毎月第3木曜日19:00から20:00に開催しております「山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティング」のご報告です。

 今回、平成23年6月16日(木)19:00から20:00当センター相談室で開催いたしました。9名の参加があり、新たに3ケースの支援体制について確認をいたしました。精神障がいがある方が大半で、就職までの細やかな準備の支援を必要としているケースが増えてきています。また、山梨県版障がい者ジョブコーチ派遣事業の体制強化を図るための話し合いも行いました。その他、各県版ジョブコーチから活動報告も行いたいと思い、準備をはじめています。


なんとか良い方法はないものか!?頭をひねる森屋…


 来月は、支援者向けのお知らせにもアップしておりますが、平成23年7月21日(木)19:00から20:00、すみよし障がい者就業・生活支援センターにて行います。

 障がい者があたりまえに社会で仕事をして生活できるように、これからも歩みを止めないでいこうと思います。

ご参加いただいた方、山梨県版障がい者ジョブコーチの皆さまお疲れさまでした。


県JC皆様と知恵を出し合い、一件落着。皆様、夜遅くまでお疲れさまでした。

またミーティングの報告をしていきたいと思います。
 

6月11日(土)働いている当事者グループのご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2011年06月16日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

 当センターでは、平成20年7月から、障がいをお持ちの方で障がい者雇用を含めた一般就労をされている方を対象に、毎月第二土曜日11:00から13:00、主にベーカリーカフェ「ぱれっと」を貸し切り、働いている当事者グループを開催しており、6月の開催で通算36回目の開催数を数えました。


雨だけど、みんな来てくれるかなー


今日は貸し切り。。。


ぱれっとのお客様ごめんなさい。森屋が泣いて謝ります。


横の入り口から入ってね

 今月は、6月11日(土)11:00から13:00、ベーカリーカフェ「ぱれっと」において、働いている当事者グループを開催いたしました。今月は、職業生活チェックリスト用紙を活用しての意見交換や「自己実現について」をテーマに年代別にグループに分かれて、話し合いをしました。13名の参加がありました。

 

 職業生活チェックリストを活用した意見交換は、まずチェックリストを記入し、ランダムに2名ずつに分かれ、用紙を交換してお互いの職業生活について話し合いました。



  1回5分程度で3回ほど相手をシャッフルしました。皆さん話が盛り上がり、時間が短いと感じられたようです。もっと話し合いたかったようです。意見として、「相手のことよりも自分の職業生活が見直せた」、「働き続けているが、褒められることが少なく、(相手が)褒めてくれてよかった」などがありました。思いのほか盛り上がってしまいまして、疲れたと言われる方はいませんでしたが、エネルギーが必要なので、来月はかたちを変えて実施してみようと思います。今月記入したものと来月記入したものを見比べて、自身の職業生活のチェックができたらいいなと思っています。

 「自己実現について」をテーマにグループに分かれて話し合いをしました。ここでいう自己実現とは、「自分が将来どのようになりたいかと思うこと」と定義しました。メンバーの提案で、年代別に別れ、20代、30代、40代の3つのグループができました。

 それぞれのグループで進行役を決め、20分ほど話し合いました。話し合いの後には、意見をまとめて、発表しました。20代の意見は、「まわりを見ながら、自己実現が叶えられるように会社や社会の一員となることが当面の目標である」、30代の意見は、「仕事や活動は目標の土台であり、結婚等もしたく活動をしていくが、現状維持が大切」、40代の意見は、「仕事のみでは自己実現は叶えられないので、仕事以外の活動も合わせて自己実現を考えていく」とまとめられました。それぞれの年代において、考え方が違い、それぞれに参考になる意見でした。

 

 今月は、盛りだくさんで楽しかったですね。
ご参加いただいた皆様、お忙しい中ありがとうございました。

次回の開催は平成23年7月9日 土曜日です。チラシはこちら
午前11時から午後1時まで、遅れてきてもOK、早く帰ってもOKの気楽な会です。
興味のある方は、是非参加して下さい。

すみよし 働いている当事者の会 7がつちらし

今後の活動としては、数名が自分の働いている体験談などを簡単にまとめたいとのことで準備していきます。機会があれば、いろんなことに活用できたらいいなとも思っております。
来月は、震災の後に、「仕事やプライベートで社会に役に立っていること」を考える方もおり、テーマにしたいと意見がありました。このことについて少し話し合ってみたいと思います。

今後も会の告知や報告をしていきたいと思います。
 

最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり