ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

IPS勉強会3月のお知らせ

執筆 : 藤原 真由美(すみよしナカポツ)|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2018年03月23日 fujihara-mayumi

すみよし障がい者就業・生活支援センターです。
平成20年より月1回開催しているIPS勉強会3月のお知らせです。

IPS
援助つき雇用勉強会は8月はお休みして新しいシーズンを9月の第4火曜日からまた住吉病院で開催いたします。

これからの参考図書は、『IPS 就労支援プログラム導入ガイド 精神障がい者の「働きたい」を支援するために』をみんなで読み進めています。

皆さまとまた深めてまいりましょう。
 
毎回、様々な所属の方が集まっています。
これから就労支援を学ぼうとお考えの方もお気軽にご参加下さい。
リカバリーやストレングスモデルに興味のある支援のお仕事をお持ちの皆さまお誘い合わせのうえ、ご参加をお待ちしています。

                 IPS援助付き雇用勉強会2018年3月

日時: 2018年3月27日(火) 18:30開始

今シーズンからIPS勉強会は火曜日になりました!
場所: 住吉病院 ケアセンター
アクセスhttp://www.sumiyoshi-kaisei.jp/s-toiawase.html
内容: 『IPS 就労支援プログラム導入ガイド 精神障がい者の「働きたい」を支援するために』

第2章『IPS就労支援フィデリティアイテムの導入にあたって』
         『スタッフ:就労スペシャリストが支援できるクライアント
          数について』
         『スタッフ:就労支援に特化する』
         『就労支援全般を担う』
         『組織:精神保健支援チームとの支援統合』
    

ご参加を希望される方は、当センターまでご連絡ください。055-221-2133

 

3月10-11日JC-NET会議のご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 県版障害者ジョブコーチから | 2018年03月12日 n-moriya

森屋です。

平成30年3月10日(土)、11日(日)、大妻女子大学多摩キャンパスで「JC-NET会議」が開催されました。

私は「入門講座1」と「ワークショップ2」をコーディネートしました。
入門講座では、福島県、石川県、鳥取県の登壇者から「アセスメント」を中心にした事例発表を行いました。



ワークショップは、北海道、東京都、大阪府の登壇者から、「精神障害者の就労支援の押さえどころ」について、
最近の実状と就労支援のプロセスに沿った支援事例からポイントを押さえていきました。

それぞれの登壇者からの感想がJC-NETジョブコーチネットワークのホームページから確認できます⇒ https://www.jc-net.jp

今年はファイナルと銘打ち、参加者からは残念がる声をたくさん聞きました。
全国で日々試行錯誤しながら、就労支援の実践の携わる方々と、よい実践を共有する機会をこれからも持ちたいと思います。

参加してくださった皆さま、ご登壇いただいた皆さまありがとうございました。

働いている人の会3月のお知らせ

執筆 : 藤原 真由美(すみよしナカポツ)|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2018年03月09日 fujihara-mayumi

すみよし障がい者就業・生活支援センターでは毎月第二土曜日10:00から12:00に「働いている人の会」を開催しております。
 

3月のテーマは・・・『来年度のグループ計画について』です。

来年度の活動について考えていきたいと思います。

是非参加して下さいね!!

とき:平成30年3月10日(土)10:00から12:00
 

場所:すみよし生活支援センター2階(甲府市住吉4丁目7番27号)
参加費:無料
対象者:障がいをお持ちの方で障がい者雇用を含めた一般就労をされている方 (障がい種類は問いません)

申し込み:すみよし障がい者就業・生活支援センター 055‐221‐2133
遅れて来てもOK!途中で帰ってもOK!何も発言しなくてもOK!ときどき参加もOK!の気楽な集まりです。
初めての方には事前のご連絡をお願いしています。
興味のある方は見学もできるので、すみよし障がい者就業・生活支援センターまでお電話ください055-221-2133

IPS勉強会2月のお知らせ

執筆 : 藤原 真由美(すみよしナカポツ)|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2018年02月26日 fujihara-mayumi

すみよし障がい者就業・生活支援センターです。
平成20年より月1回開催しているIPS勉強会11月のお知らせです。

IPS援助つき雇用勉強会は8月はお休みして新しいシーズンを9月の第4火曜日からまた住吉病院で開催いたします。

これからの参考図書は、『IPS 就労支援プログラム導入ガイド 精神障がい者の「働きたい」を支援するために』をみんなで読み進めています。

皆さまとまた深めてまいりましょう。
 
毎回、様々な所属の方が集まっています。
これから就労支援を学ぼうとお考えの方もお気軽にご参加下さい。
リカバリーやストレングスモデルに興味のある支援のお仕事をお持ちの皆さまお誘い合わせのうえ、ご参加をお待ちしています。

                 IPS援助付き雇用勉強会2018年2月

日時: 2018年2月27日(火) 18:30開始

※今シーズンからIPS勉強会は火曜日になりました!
場所: 住吉病院 本館3F会議室
アクセス→http://www.sumiyoshi-kaisei.jp/s-toiawase.html
内容: 『IPS 就労支援プログラム導入ガイド 精神障がい者の「働きたい」を支援するために』第1章

    

ご参加を希望される方は、当センターまでご連絡ください。055-221-2133

働いている人の会2月を開催しました

執筆 : 藤原 真由美(すみよしナカポツ)|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2018年02月26日 fujihara-mayumi

すみよし障がい者就業・生活支援センターです。       

 

2月の働いている人の会は「今こそ知ろう マネープランの大切さ」を開催しました。

株式会社ライフ・フォレストのファイナンシャルプランナー清水先生をお招きしてお話をしていただきました。

今までは働き中での悩みなどをお悩み解決ボックスなどで話をしてきましたが、今回は毎月受け取っている給料に関係するお金について話をしていただきました。

 

まず、今後の人生の訪れるであろう人生のイベント(結婚や出産)や旅行などの余暇の目標など人によって目標は異なりますがそのイベントや目標をシートに書いていただきました。

スタッフも一緒に参加しましたが、書いているうちに色々自身の理想を書きこんでいました。

書いているうちに、どのくらいのお金が必要で貯める期間がどのくらいあるのか見て明確にすることができました。

会の後半には無理なく行うことができる貯金の考え方についてもお話しいただきました。

消費・浪費・投資にレシートを分ける方法を教えていただきました。

消費・・・生活をする中で必要な

浪費・・・買い物をしたが必要ではなかったもの

投資・・・仕事を頑張るために行った買い物など

 

このようにレシートを確認し仕分けを行うことで、後に振り返ることができ買い物についても意識ができるようになるそうです。

 

今回の講義で参加された皆さんがお金の使い方や貯金の方法などの参考になればと思います。

働くなかでも余暇の目標など持って頂き、仕事のモチベーションにも繋がればと思います。

 

改めまして、清水先生には貴重なお時間の中、お越しいただきましてありがとうございました。

 

次回の働いている人の会は3月10日10時からすみよし生活支援センターにて行います。

内容は「来年度の計画」について話し合いを行います。

遅れて来てもOK!途中で帰ってもOK!何も発言しなくてもOK!ときどき参加もOK!の気楽な集まりです。初めての方には事前のご連絡をお願いしています。

 

申し込み:すみよし障がい者就業・生活支援センター 0552212133

 

最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり