ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

障害者就業・生活支援センター合同連絡会のご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2013年04月20日 n-moriya

 


すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

ここ時期は、県内のお祭りが盛んです。時間が空くかぎり、参加していきたいと思います。個人的には、一度でいいから甲冑を身につけてみたいと思い、もっと欲を言えば馬にも乗ってみたいと思っています。

今回は、山梨県内で4カ所ある障害者就業・生活支援センターで行っている会議のご報告です。今回は、当センターが主催し、平成25年4月17日(水)10:00から12:00、すみよし生活支援センター2階会議室で行いました。4センターから職員が集まりました。

新たに2名の職員が異動で障害者就業・生活支援センターの仲間となりました。自己紹介と各センターの計画、年度の振り返りを行いました。
新規相談が増えたセンターや支援件数が増え続けているセンター、実習の多いセンターなど、皆さま地域の特性を活かしながら頑張っておられます。



年度のはじめでしたので、課題の協議はあまりできませんでしたが、またこの4センターで頑張っていきたいと思えた会議でした。
 

4月の県版ジョブコーチ甲府エリアミーティングのご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 県担当者から | 2013年04月19日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋直樹です。

平成25年4月18日(木)19:00から20:00、ハピアすみよしホールにて、第34山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティングを行いました。13名の参加がありました。

今回は、今月から実習がはじまったケースがありましたので、動画を見ながら、支援の報告と意見交換をいたしました。初めて現場を観る方には、ジョブコーチの立ち位置が分かり、現場にいる方には新たな発見があったようです。とても盛り上がり、有意義な意見交換ができたと思います。課題もたくさん見つかり、現場に還元していきたいと思います。



また、ある方から質問がありました。
「障がいのある方」という表記がよいのか、「障がいを持っている方」という表記がよいのか、というものでした。
同じ立場でも、人によって違いがあるようです。
障がいのあるご本人でも、使い方の統一性はないと感じていますが、参加者の意見を箇条書きにまとめてみました。

○「障がいを持っている方」表現を使っている方の意見
 ・ 内部障がいの方の多くは自身のことを「持っている」方で表現していた
 ・ 「お持ちの方」など丁寧な言い回しの時に使い勝手が良い

○「障がいのある方」表現を使っている方の意見
 ・ 障がいを「持っている」という表現はおかしいので、「ある」を用いている
 ・ 障害者基本法に「障がいがあるものであって」という記載があるので、「障がいの
  ある方」を多く用いております。

この意見交換では、私どもの経験不足、勉強不足のところがある分野のように感じました。また、皆さまのご意見をお聞きしたいと思います。

皆さま、お忙しい中お集まり頂き、ありがとうございます。

次回は、5月16日(木)19:00から20:00、ハピアすみよしにて行います。

 

4月の働いている人のグループのご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2013年04月13日 n-moriya


すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

当センターでは、平成20年7月から、障がいをお持ちの方で障がい者雇用を含めた一般就労をされている方を対象に、毎月第二土曜日11:00から13:00、主にベーカリーカフェ「ぱれっと」やすみよし生活支援センター2階を貸し切り、働いている当事者グループを開催しております。今月の開催で通算58回目の開催数を数えました。


今月は、4月13日(土)11:00から13:00、すみよし生活支援センター2階交流室(ベーカリーカフェ「ぱれっと」の隣の建物)において開催しました。参加者は13名でした。


今回は異動で新しく担当になった当センターのスタッフの紹介をいたしました。
今年度からよろしくお願いいたします。

ウォーミングアップは、愚痴を言うシートを活用しました。お仕事で溜まるストレスを愚痴にして誰かに話し、忘れてスッキリすることは大切です。皆さんの愚痴が成仏するよう破棄しておきます(笑)。


 


今回からグル―プ内での話し合いがしやすいように、プロフィール表を活用します。個人の公開しても良い情報をまとめたものです。次回からも活用したいと思います。



今日の本題は「今年度の計画について」皆さんと話し合いました。
今年度の予定とお願いを添付いたしますので、ご覧下さい。
★今年度の予定(クリックするとPDFが開きます)
★働いている人の会のお願い(クリックするとPDFが開きます)



特に大きな変更点は、以下のとおりです。

 1.名称について、「働いている人のグループ」としたこと

 2.毎月第2土曜日の開催日時について、10:00から12:00開催となったこと

 3.企画ものの追加、毎月第2土曜日以外に年に4回、企画すること

ご参加いただいた皆さま、お忙しい中ありがとうございました。
企画が具体的になりましたら、ご報告いたします。



次回は、来月の5月11日(土)10:00から、すみよし生活支援センター2階(「ぱれっと」となりの建物です)で開催したします。内容は、「休みの入れ方について」についてです。
多くの方のご参加、お待ちしております。

本年度の研修のお知らせ

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2013年04月11日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

昨日、JC-NETジョブコーチネットワークのホームページにて、平成25年度の研修スケジュールが示されました。
普及啓発事業である、JC-NET会議やジョブコーチの養成研修である職場適応援助者養成研修のスケジュールが載っています。

また、一般養成事業として、各地域で基礎や実践を学ぶ研修も展開しており、地方セミナーといいます。
その地方セミナーの中で、山梨セミナーが10月12日(土)、13日(日)の予定となっております。

土曜日は100名を対象とし、就業支援の基礎的な流れや方法を学ぶ研修です。日曜日は36名を対象とし、職場開拓やシステマティックインストラクションなどの指導方法を実践する研修です。就業支援に関わる人材育成とネットワーク作りに役立つ研修です。
山梨県では、平成21年と22年度に山梨県単独の事業として、この地方セミナーを開催いたしました。

対象者は、就業支援に関わっておられる方や山梨県版障がい者ジョブコーチの皆さま、施設関係者の皆さま、就業支援に関心のある方、企業の方などです。

山梨県でも障がいのある方の就業支援について、年々研修を希望される声が多くなり、今年度計画をいたしました。
地域の中心的な役割を担うであろう方々に実行委員をお願いし、準備をはじめております。
ご協力頂ける方がおりましたら、当センターにご一報下さい。

日程は決まっておりますが、申し込み方法や場所などの詳細について決まりましたら、ご連絡いたします。

今のうちから、ぜひ日程を押さえておいていただけたらと思います。
 

支援者向け勉強会について

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2013年04月10日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

新年度がはじまり、年度末の報告業務も一段落してきました。

本日は、就業支援担当者と精神科病院の相談室に伺い、ケースの進めていき方や評価などの意見交換を行いました。

当センターでは、IPS勉強会を毎月第4水曜日に定期的に開催しておりました。地域の多くの方々に参加して頂き、就業支援の仲間も増えました。
今年度からは、各相談支援機関や医療機関、訓練機関等からの依頼に応じて、日程を設定し、私どもが訪問して、就業支援に関する意見交換をする形式にいたしました。



利用者が実際に就業に動き出す時に、連携の話しをしていては遅いので、各機関に出向いていきたいと思っています。
依頼先の機関のスタッフと当センターのスタッフで行いますので、外部の方には参加いただけないのですが、より具体的な連携について意見交換したいと思います。

名称はカッコいい名称が思いつきませんでしたので、「支援者向け勉強会」とし、月に1回ぐらいのペースで行っていきます。

関心のある機関の方は、ぜひ当センターにお問い合わせ下さい。


 

最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり