ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

平成24年度もお世話になりました

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2013年03月31日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

本日で平成24年度が終了いたします。

平成24年度は、当センターは開所から5年目であり、ようやく地域に周知され、ネットワークとともに就業支援を行う体制が整ってきた年であったように思います。

従来の個別の就業支援や在職者交流会などのグループワーク、支援者とのネットワーク作りに加えて、環境へのアプローチとして企業交流会をはじめた年度でした。

来年度は、4月からの障がい者雇用率のアップや、精神障がいのある方の雇用義務化へ向けた環境整備が更に求められてくると思います。

そのような情勢の中にあっても、山梨の良さと強みを活かした就業支援を行っていきいたと思います。

コラムにお付き合い頂いた皆さま、ありがとうございました。

来年度もよろしくお願いいたします。

 

山梨県版障がい者ジョブコーチ更新研修アンケート集計のご報告(その3)

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2013年03月24日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

前回に引き続き、2月23日(土)イオンホールにて行われた更新研修のアンケート集計のご報告をいたします。今回でこの報告は最後です。
アンケートの項目中、今回は、3.有効であると思われる研修とその内容についてのご提案、4.その他、についてご報告いたします。

3.有効であると思われる研修とその内容についてのご提案

・  企業との意見交換ができる場面の設定
・  わかりやすい演者、シナリオで研修できよかった。
・  今回の様な、わかりやすい研修。
・  実際のケースの事例を、今回のように演じて頂けたら見たいと思います。
・  当事者の生の声をきく機会があれば・・(成功事例でなくてもOK)
・  事例報告とケースけん討
・  実際にJCが入っての雇用が実現している企業の方にも、話が聞けると良いですね。
・  Jobコーチの関係研修の機会があるとよいと思います。
・  経験発表の場(研修)が多くあるとよい。
・  ケース会議を含め、研修する期回を増やして欲しいです。
・  企業人への研修と障害者との交流をふやすことも今後必要かと思います。
・  ジョブコーチが支援する対象が企業と当事者と考えるとその対象を意識した研修や声かけ が必要だと思った。
・  指示書の作成や示し方について
・  障害者雇用の現場、状況の情報、スキルアップのためのケーススタディ
・  ケーススタディ(A,Bグループの区別化)
・  実際の事例や当事者の感想など聞きたい。
・  ケースワークの実習だけでなく、実際の場面を少人数で見学するなども必要かと思います。
・  具体的な内容でよかったです。わかりやすかった。
・  ブレーンストーミングのような研修もあって良いと思います。
・  今までの事例で良かった事、悪かった事の発表があっても良いと思う。
・  可能であれば、ジョブコーチを利用した本人・企業の方の声も聞けたらと思います。
・  事例研修を増やして欲しい。
 
4.その他
・  本日はありがとうございました。
・  企業人が障害者の特性を理かいするのは大変だとは思いますが、一歩ふみだせるきっかけ作りが重要だと考えます。なぜなら、障害者に対する苦手意識がまだ強いと思えるからです。
・  研修の数を増やし、より知名度を上げていくことが重要であると思います。国だけでなく県版の方も有効に活用していただきようになればよいと思います。
・  Jobコーチの方、中ポツセンターの方ご準備等、ありがとうございました。ご苦労様でした。
・  現状のジョブコーチの動きや就労に結びついている会社等の情報がほしかった。
・  定期的に今日のような研修をして頂きたいと思います。
・  1人当りのJC時間について、定着支援の為に支援利用時間を追加の検討。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
報告は以上となります。
障がいのある方々への就業支援には、まだまだ課題はあります。今回参加していただい
た皆さまの貴重なマンパワーを活用しながら、これからも実践を続けていきたいと思います。
 
 

山梨県版障がい者ジョブコーチ更新研修アンケート集計のご報告(その2)

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2013年03月23日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

前回に引き続き、2月23日(土)イオンホールにて行われた更新研修のアンケート集計のご報告をいたします。
アンケートの項目中、今回は、2.今回の更新研修について(ケーススタディや意見交換)いかがでしたか、についてご報告いたします。

 2.今回の更新研修について(ケーススタディや意見交換)いかがでしたか

・  演技する皆さん大変だったと思います。おつかれさまでした。わかりやすい事例で参考になりました。
・  ケーススタディによる実演はよかった。たくさん忘れていたことを再認識できた。
・  初めての意見交換でしたがとても良かった。
・  短い時間でしたが、大変有意義な研修でした。皆さん、経験豊富な方で、勉強になりました。
・  とてもわかりやすく、グループで話すことによって、自分が気付かない点も学ぶことができました。実際、1度も経験したことがないので、改めて、研修の時の事を思い出すことができました。
・  グループ分けを意図的にしてもよかったのでは?それぞれの立場が分からないままだったので。
・  わかりやすいケースだった。
・  具体的な例を使って大変わかりやすかった。
・  実演はとても参考になりました。県版ジョブコーチ登録していますが、実際の活動をしていないので、リアルにイメージすることができ、関わり方の参考になりました。
・  もう少し時間をかけ実際の作業現場風にやってほしい。
・  実際の企業さんの声(リアルな事例)が知りたかったです。
・  とてもわかりやすく企画されていて、楽しく研修ができた。
・  比較対象になってよかったと思います。
・  有意義な研修になったと思います。もう少しケーススタディを増やしていくと、さらに有効なものになると思います。
・  グループ討議にもう少し時間をとってほしかった。
・  本講習や以前のフォローアップ研修でも実際のJobコーチスキルについての現実的なものはなかったので、現実的な講座としてよかったと思います。
・  具体的な内容を感じるよい時間となりました。
・  多くの方の視点でケース研究ができて参考になった。
・  大変良かった。
・  企画お疲れ様でした。今日の様な研修もいいものですね。今後の参考となりました。
・  事例を通して確認出来て良かったです。
・  ナチュラルサポートを含めて、気をつける点が理解できた。
・  わかりやすくて良かった。
・  よかったと思います。
・  ケーススタディのような研修はとても為になり、勉強させてもらいました。
・  ケーススタディで自分以外の人の考えが聞けた事が良かった。
・  とても勉強になりました。
・  事例についてグループ討議は、実際にたずさわっていない私にとって勉強になりました。
・  事前に練習したり、準備、大変だったと思います。お疲れ様でした。ありがとうございました。カタカナ用語、わかりませんでした。
・  今回を2回位(障害者の種別ごとに)やってほしい。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。(その3)に続きます。
 

 

山梨県版障がい者ジョブコーチ更新研修アンケート集計のご報告(その1)

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2013年03月22日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

昨日、山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティングでも報告しましたが、2月23日(土)イオンホールにて行われた更新研修のアンケートを集計いたしました。
アンケートの内容は、参加された皆さまの意識がとても高いことを示していて、これからの就業支援には必要な内容が盛り込まれていると思いました。
特定の人物や誹謗中傷がありませんでしたので、数回に分けて、ご報告させていただきたいと思います。
アンケートをお願いした時には、このコラムへのアップについて、ご協力いただいた皆さまに同意を得ておりませんでしたが、ご容赦下さい。

アンケートの回収状況は、48名参加中、実行委員などの14名を除く34名中32名分から回収いたしました。

アンケートの項目は、以下の4項目です。

1.山梨県版障がい者ジョブコーチ事業についてのお考え

2.今回の更新研修について(ケーススタディや意見交換)いかがでしたか

3.有効であると思われる研修とその内容についてのご提案

4.その他

今回は、1.山梨県版障がい者ジョブコーチ事業についてのお考え、についてご報告いたします。

※原文のまま、入力してあります。

1.山梨県版障がい者ジョブコーチ事業についてのお考え

・  就労移行・B型事業をしているが、ジョブコーチ事業を活用しようと思った。
・  継続していけるようにお願いいたします。少しずつ内容も、進化しているのではないか。
・  こらからも続けていって欲しい。
・  初めて参加させて頂き、ジョブコーチ事業の一端はわかった様な気がします。
中々当事者の活動がうまく出来ていない様な気がします。今回をきっかけに利用できる様にしたいと思います。
・  認知度が低い。ハローワーク等の機関への周知をもっとしても良いのでは?
・  雇用が厳しい社会ではありますが、その中で、一人でも多くの方が就労できることは、大切な事業であると思っています。
・  これからもより活用していただけるよう事業が発展していくとよいと思います。
・  JC活動について、色々な企業側への発信を活発に行っていき、受け入れる企業を増やして欲しい。ジョブコーチ活動の情報がもっと欲しい。
・  とても良い事業だと思います。もう少し一般に(企業or社会)に認知されたら良いのでは。
・  一般的に就労がままならない中、県版ジョブの活動は、重要なものになると期待します。障害者のために支援の強化をよろしくお願いします。
・  とても重要な支援者となりうる事業で目標値よりも少ないことにびっくりした。自分のエリアではジョブコーチとして動ける人が少ない等考えさせられる点が多かった。今日、参加して良かったと思っています。
・  国内に少ない例であり、手帳をもっていない方などの支援には必要であると考えます。今後の継続をおねがいします。
・  就職困難者へのサポートとしては、必要なものであり、雇用数を増加させるための有力な事業であると思います。
・  多くの企業に利用していただきたい。
・  山梨県には、この様なすばらしい事業があるのだから、もっと知ってもらい活用してもらえる様に企業へも伝えていければよい。
・  フットワークの軽さが県版JCの強みだと思います。その点を上手く活かせればと思いました。
・  とてもよい制度ですが、利用率の向上に伴う措置について、より一層検討してほしいと思います。
・  今後の県ジョブ養成研修はあるのでしょうか。平日の昼はやはり動ける人は少ないです。
・  情報や連絡が全く入手できない。今までどう動いていたのか全然知らなかった。
・  県単独の事業として素晴らしいと思います。但し、認知度が低い為、一般にはなじみが少ないです。障がい者。関連部署だけでなく、一般企業の担当者、一般の方々にも認知してもらう活動も行えば、更に発展できると思います。
・  大変よい事業だと思う。
・  必要な事業だと思いますので、継続と拡大していけたらいいと思います。
・  今回の更新の人はたくさんいて、県JCの資格を持っている人はたくさんいるのに、ほとんど機能していない。どう活用するのか、利用者も含め、知らない人が多すぎる。
・  今回の様な研修は、わかりやすく、大変参考になりました。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。(その2)に続きます。
 

 

3月の山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティングのご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2013年03月21日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋直樹です。

本格的に桜が開いてまいりました。
はたらき甲斐ネットの私のアバターの写真は、昨年の小瀬スポーツ公園のお花見の時のものですから、1年早いものですね。
 


本日は、19:00から20:00、ハピアすみよしホールにて、第33回山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティングを行いました。

皆さま2月23日の更新研修の熱も冷めやらす、燃えて参加されているようでした。
新規の2名を加えた、14名で行いました。



稼動中の支援ケースの検討とともに、新たに1ケースの検討を行いました。

また、3月9日(土)、10日(日)に行われたJC-NET会議の報告、来年度県内で行われる研修について、2月23日(土)に行われた更新研修についての報告を行いました。



今年度は、このミーティングは最後ですが、次回は、4月18日(木)に同時刻・場所で開催いたします。雇用率2%の世の中になっていますね。

また、皆さまとともに障がいがあっても当たり前に働き続けられる「はたらき甲斐」のある山梨県の環境にしていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 
最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり