ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

年末のごあいさつ

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2012年12月27日 n-moriya

 すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。 

今年も残すところあと4日となりました。
まだ仕事は残っていますが、今年最後のコラムとなります。
 
皆さま、どのような一年間だったでしょうか。
 
働いておられる方や訓練をしながら就職活動をしている方、家族や支援者、企業の方との多くのやり取りが思い浮かびます。
景気は厳しい情勢にあり、雇用環境も厳しい中、関係各位の皆さまのご協力によって、障がいがあっても当たり前に働ける地域に少しずつでも近づいているのだと思います。
 
まだまだ課題は多いですが、来年も継続して活動をしていきたいと思います。
 
関係各位の皆さま、一年間、ありがとうございました。
 

12月の県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティングのご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2012年12月24日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。 

今年も残すところ一週間となりました。
 
今回は遅くなりましたが、当センター毎月第3木曜日19:00から20:00に開催しております「山梨県版障がい者ジョブコーチ甲府エリアミーティング」のご報告です。
 
今回で今年度の開催は8回目、通算30回目の開催となりました。
 
平成24年12月20日(木)19:00から20:00ハピアすみよし、ホールにて開催いたしました。今回は、10名の参加がありました。
 
今回は、来年2月に予定されようとしている山梨県版障がい者ジョブコーチの更新研修について、検討を始めました。詳細は、決定しだいアップもしくは、皆さまに連絡が届くと思いますが、このミーティングのように共に考えられる機会にしたいと思っております。
 
次回の予定は、支援者向けのお知らせにもアップいたしますが、平成25年1月17日(木)19:00から20:00、ハピアすみよし ホールにて行います。
 
ご参加下さいました山梨県版障がい者ジョブコーチの皆さま、一年間お疲れさまでした。
また来年もよろしくお願いいたします。
 
 

12月の働いている当事者グループのご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2012年12月09日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。 

当センターでは、平成20年7月から、障がいをお持ちの方で障がい者雇用を含めた一般就労をされている方を対象に、毎月第二土曜日11:00から13:00、主にベーカリーカフェ「ぱれっと」やすみよし生活支援センター2階を貸し切り、働いている当事者グループを開催しております。
 
今月の開催で通算54回目の開催数を数えました。
今月は、12月8日(土)11:00から13:00、すみよし生活支援センター2階交流室(ベーカリーカフェ「ぱれっと」の隣の建物)において開催しました。
14名で行いました。
 
 
 
 
就業生活のチェックリストを活用し、2回ウォーミングアップを行いました。
 
 

二人ひと組で盛り上がりました!
 
 
今回のテーマ「年間を振り返って」について話し合いをしました。
 
1月から12月までに何があったか、記録しながら年間を振り返えってみるという形式です。
私もそうなのですが、スケジュール帳を見ないと、何があったのか思い出せません。皆さんも苦労していました。
印象に残っている発言として、「悩んだことが思い出せないということは、平和な一年だったということかな」というものがありました。
 

むむむー。思い出せない・・・。
 
当事者としての発表会や新たな活動が増えた方など、働き続けるだけでなく、リカバリーし続ける様子がうかがえました。
 
後半は、3グループに分かれて、進行役付きのおしゃべりをしました。小グループだとそれそれのテーマを決めて、情報交換していたので、よい取り組みだと思いました。
 

 
 
ご参加いただいた皆さま、お忙しい中ありがとうございました。
 
来月は、来年1月12日(土)11:00から、すみよし生活支援センター2階(「ぱれっと」となりの建物です)で開催いたします。
テーマは「新年に向けて」です。

企業交流会のご報告

執筆 : 森屋直樹|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2012年12月05日 n-moriya

すみよし障がい者就業・生活支援センターの森屋です。

 本日16:30から18:00、先月11日甲府駅前にオープンした県立図書館(阿刀田高館長)の交流ルーム101にて、「障がい者雇用を語り合う」企業交流会を開催いたしました。とてもハイカラな場所で行えて、ワクワクして早めに会場入りしてしまいました。

 この交流会の目的は、「障がい者雇用率の向上や職場環境の更なる改善にむけて、障がい者雇用をしている企業または検討している企業の職員に対して、雇用管理に関わるノウハウの共有やネットワークの構築促進をサポートすること」です。

 記念すべき第1回目となる今回は、甲府エリア就業支援ネットワークの皆さまと準備をし、当センターが主催で開催いたしました。当日間に合わなかった企業の方もおりましたが、7企業9名の参加者がありました。甲府エリア就業支援ネットワークからも14名の参加者があり、当センターの4名を加えて計27名で交流会はスタートしました。

 前半は、特例子会社である洋信産業株式会社飯田浩志課長から話題提供がありました。ポイントとして、受け入れ時の具体的な準備、受け入れた経過、受け入れのための職場環境の調整、継続雇用のための職場環境の調整、アセスメントやマッチング、関わり方について報告がありました。短い時間ではありましたが、これまで何回も当センターに打合せのために足を運んで頂き、とても伝わり易い報告となっていたと思います。参加された企業の方のアンケートからも、とても参考や刺激になったことがうかがえます。

後半は企業同士の質疑応答・意見交換を行いました。内容については、受け入れ態勢の準備に必要なこと、業務の切り分け・創出、ジョブコーチといかに連携していくか、想定されるリスクと対応、雇用率引き上げへの対応、在職者の高齢化対策などが上がりました。また名刺交換の時間を作り、大変熱のある時間を過ごして頂けたのではないでしょうか。

 当日用のアンケートはまだ集計中ですが、「継続して会に参加していきたい」、「現場のスタッフを参加させたい」、「システマティックインストラクションを学んでみたい」、「実践している職場を見学したい」、「仕事の切り出し・創出を共に考えてもらいたい」、「地域の支援機関と連携したい」などの要望がありました。

 参加されました企業の皆さま、障がいのある方々の雇用に関して、関心を示して頂き、また実践して頂き、誠に感謝致します。これからも日々の業務と会の継続でサポートしていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

 洋信産業株式会社の飯田課長には、いつも無理を聞いて頂き、とても助かっております。企業のネットワークをともに作っていきたいと思います。

 甲府エリア就業支援ネットワークの皆さま、写真や記録、受付や駐車場係などの役割を担って頂き、ありがとうございました。それぞれの機関での参考となる部分があったでしょうか。今後も連携しながら、地域の環境を整えていきましょう。

次回は、2月を予定しております。アンケートの結果を踏まえ、決まり次第、参加された皆さまやこのサイトにお知らせしていきたいと思います。

 

訂正

執筆 : やまなし福祉しごとネット|カテゴリ : 就業支援の担当者から | 2012年12月05日 shigotonet

やまなし福祉しごとネット波多野です。

先程投稿したコラム内のしごとネットのフェイスブックページのURLが間違っておりました。

ただしくは → http://www.facebook.com/shigotonet でした。

申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

 

最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり