ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

サービス管理者研修

執筆 : 県担当者|カテゴリ : 県担当者から | 2010年01月14日 admin001

サービス管理責任者研修、略して「サビ管研修」が今日から始まり、県担当者+講師+ファシリテーター役として一日庁外出張していた。
障害者自立支援法施行による「新体系」サービス事業所に必ず置かなければならないサービス管理責任者も徐々に若い世代が担うようになってきた。
この制度が始まった当初から研修事業に携わっているが、次第に顔ぶれが変わってきていることを実感する。

実のところ、まだまだ「新体系」に移行していない事業所も数多くあるが、タイムリミットを平成23年度末とされたことから、各事業所とも人材育成に力を入れるようになってきた。
今回は就労分野の研修となるが、もっとも関心が高い領域であることから、参加者の意識は高く、「眠っている」方は誰もいない。

私たちが研修事業をぶつ場合、必ず「演習」を重視する。
法の決まりではそんなに気合いを入れなくても企画できるのだが、受講生たちに何かを持ち帰っていただくため、些細なことでも凝る。
だから仕事がのろいんだ・・と怒られてしまいそうだが、演習で取り組んだ成果を即座に事業に反映していただくことを願い、ない頭を振りかざしている。

さて、今回の演習では「アセスメント」をキーワードに山梨県なりの統一したシート作りを目的に、某県のシートを比較対象事例として、実際に受講生の皆様に体験してもらい、「アセスメントをアセスメントしていただく」という「裏技」作戦をとった。
机上でパソコンを叩いているより遙かに実効性がある検証だ。

さて、結果は・・・・

幸いなことに、私どもが考えていた仮説を鵜呑みにするのではなく、数名の方から貴重なアドバイズを頂戴することになった。
やはり、現場の声はリアリティがある。

研修事業の企画をしても、主催者側の一方的な説明ではなく、こうしたキャッチボールを積み重ねることにより、熟度が高まってくる。
さらに、自由に発言していただく環境をつくっていくことにより、自らの力で考え、自らの力で判断していく人材を養成できるかとも思う。

知識だけではない、実践力が求められる今の社会にあって、将来を担う若手たちが育っていってくれることを願っている。

最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり