ユーザ名: パスワード:
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

山梨県教育委員会「チャレンジ雇用事業」への取り組みについて

執筆 : 県担当者|カテゴリ : 県担当者から | 2011年05月06日 admin001

大変ご無沙汰をしております。山梨県教育庁総務課 福本でございます。

山梨県教育委員会では「特別支援学校の出口対策」と「全国最下位の障害者雇用率からの脱却」を目指し、
「緊急雇用事業」を活用して、この5月から県下の知的に障害がある方が通う特別支援学校4校の事務室で計10名の知的に障害がある方(いわゆるダブルカウントの方)を雇用し始めました。
業務内容としては、事務室勤務の「事務+業務補助」として、職場実習ではなく、実際に障害をもつ方を支援学校で雇用することにより、業務行程の工夫や職場環境の整備などを検証することとしています。
また、トップの指示により、我が教育庁総務課でも知的に障害がある方1名(こちらもダブルカウント)が4月1日から非常勤嘱託職員として働いています。

私たち公務員業界も「リストラ」の嵐が吹き荒れ、それぞれの職場で慢性的な業務過多の状況にありますが、彼らに実際に活躍していただくことで正規職員が抱えている「附帯業務」をワークシェアリングすることができ、私たちも安心して職務に専念しています。

また、今回の事業では職業センター及びナカポツの全面的な協力により、すべての職場でジョブコーチによる支援を受けています。
恥ずかしながら、今のように「雇用主」の立場となるまでは日々の「ジョブコーチ」の取り組みを目の当たりにすることがなかったのですが、雇用前支援から集中支援期におけるきめ細かい支援により、彼らも私たちの「同僚」として、すっかり職場にとけ込んでいます。

今後、波乱に満ちた展開も想定されますが、あれこれ考える前に「やってみなきゃわからない」との上司の叱咤激励もあり、私たちができることを考えていきたいと思っています。
皆様におかれては、この迷える担当者が困ったときに「アポなし電話」してくるかもしれませんが、ぜひ温かい目で見守っていただければ幸いです。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.hatarakikai.net/modules/column/tb.php/29

コメント一覧

最新エントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ
執筆者一覧

link to blogger's entries 田崎輝美

link to blogger's entries 県担当者

link to blogger's entries 藤原 真由美(すみよしナカポツ)

link to blogger's entries コピット 岡本

link to blogger's entries 森屋直樹

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 福本康之

link to blogger's entries やまなし福祉しごとネット

森元 尚紀

link to blogger's entries 山梨県障害福祉課 前島 みどり